Pairs(ペアーズ)は10代でも使える? 10代の会員数(割合)は?

この記事を書いた人
 のぼる(管理人)

今回はPairs(ペアーズ)が10代でも使えるかどうかと、10代の利用者の数について書いていきたいと思います。

Pairs(ペアーズ)は10代でも使える?

Pairs(ペアーズ)は18歳未満利用禁止です。

言い方を変えれば、10代でも18歳や19歳の方なら使えます。

17歳以下の方はPairs(ペアーズ)を利用できません。

これは「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」という日本の法律によって決まっていることです。

恋活・婚活アプリ、出会い系サイトなど、異性との出会いを提供するサービスは、児童(18歳未満の男女)は利用できません。

もし18歳未満の方は、18歳になってから恋活アプリなどを利用するようにしましょう。


Pairs(ペアーズ)

18歳・19歳ならPairs(ペアーズ)を利用するべき

あなたが18歳・19歳で、彼氏や彼女が欲しいと思っているなら、

これはもうPairs(ペアーズ)をどんどん利用するべきです。

なぜかというと、恋活市場は年齢が若いほうが有利だからです。

特に「10代である」というのは、恋活市場においては最強レベルの武器です。

学校であれば10代であることは珍しくないですが、恋活市場では10代はモテます。

18歳~19歳の男性なら、たとえば20代半ば~30代のお姉さんからモテやすいです。イケメンとかブサメンとかあまり関係なく、可愛いと思ってもらえる傾向があります。

18歳~19歳の女性なら、簡単なプロフィールを載せているだけでも、男性からアプローチされまくる傾向にあります。もはやお姫様です。

ただ、特に女性は、相手と実際に会うのはじっくり人柄を見てからのほうがいいです。初対面はお昼にカフェなどで会うのもアリです。

たとえばこちらが10代なのに、お酒を飲ませようとしてくる男性には要注意です。そういう男性は体目的の可能性も高いです。たとえ奢りだったとしても断りましょう。

Pairs(ペアーズ)は男女ともに登録無料です。

そして女性は完全無料で利用できます。お金は掛かりません。

男性も無料会員として利用できますが、全ての機能を利用するには有料会員(月額プラン)に加入する必要があります。女性の検索などは無料会員のままでも可能です。

男性はクレカ払いの場合、1ヵ月プランなら月額3,480円、3ヵ月プランなら月額2,280円、6ヵ月プランなら月額1,780円、12ヵ月プランなら月額1,280円です。

男性からすると「なんで女性は無料なのに男性は有料なんだよー」と思うかもしれませんが、恋活市場はそういうものです。

たとえば相席居酒屋なども女性無料だったりします。あとは婚活パーティーなんかも女性の方が安い場合は多いです。女性で賑わっている場所に、男性は勝手に集まるからです。笑

もしあなたが10代(18歳~19歳)なら、ぜひPairs(ペアーズ)で気になる相手を探してみてください。

そして「若さ」(10代である)という武器を最大限に活かしましょう。その武器は、恋活市場においては最強レベルといえます。


Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)の10代の会員数(割合)は?

Pairs(ペアーズ)の10代の会員数(割合)は全体の1%ほどです。

これは10代が、18歳~19歳に限られているということも関係しています。
※先ほども書きましたが、法律により18歳未満の男女は恋活アプリなどは利用できません。

たとえば20代なら20歳~29歳まで含まれますが、10代は18歳~19歳に限られるので、単純に10代の割合は少なくなります。

ちなみにPairs(ペアーズ)は20代の利用者が一番多いです。
利用者全体の50%以上が20代です。

30代の利用者が次に多く、40代以降から少し割合が減っていきます。

法律を遵守しているマトモな恋活アプリであれば、どのアプリも10代の割合は少ないです。

それゆえ10代は重宝され、モテやすいです。

18歳~19歳の方は今が大チャンスです。ぜひ利用してみましょう


Pairs(ペアーズ)

The following two tabs change content below.